コレステロールを下げるには食事の改善を

コレステロールを下げるには食事の改善を

血液中のコレステロールが高すぎる場合、健康のために食習慣の改善や、積極的な運動などが推奨されます。

血中コレステロールについては、低ければOKというものではないことに注意しましょう。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があります。

コレステロール値が高い時は、悪玉と善玉の内訳が大事であり、悪玉コレステロールが高いと要注意です。

コレステロール値というのは日頃の食事の偏りが原因である場合がほとんどです。

健康に配慮した、規則正しい食生活を送ることができれば、これ以上の悪玉コレステロールの増加を抑えることが可能です。

コレステロールの値を判断する時には、悪玉が多くても善玉が一定量あれば、リスクはそう高くないという解釈も存在しています。

色々な考え方がありますが、できるだけコレステロールは平均を逸脱しないように心がけましょう。

コレステロールというのは脂質なので、とにかく脂っこい食べ物をあまり取りすぎない食事内容であることが大切です。

血中コレステロールを増やす原因として、昔は卵が関係していると言われていましたが、この頃は卵はコレステロールに影響しないと言われています。

問題なのは、やはり揚げ物や肉の脂身などの脂っこい食事内容です。

コレステロールが高くならないようにするには、食事で摂取する油や脂質の量を極力減らし、食物繊維やビタミンの多い食事を心がけることです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!