筋肉がつくと体重が増える理由

効率的に体重を減らすためにと筋トレをしたところ、体重が減るどころか増えてしまったという人がいます。

筋肉と脂肪とを比較すると、同じ体積でも脂肪のほうが軽いといいます。

そのため、筋肉が増えて脂肪が減り始めているうちは、体重が増えることがあります。

ダイエット効果をアップさせるには、筋トレをして、身体の筋肉を増やし、代謝をよくすることが効果的です。

今この瞬間の体重だけを気にするのではなく、ダイエットをすることで自分の体をどのように変えたいのかを、じっくりと考えることが大事です。

筋肉は繰り返し使うことで負担がかかり、筋繊維が痛むことがあります。

痛んだ部分が回復する時に筋肉は増えるのですが、その時に、一時的に筋肉が蓄える水分が多くなり、体重が増えて見えることがあります。

筋肉に負担のかかる筋トレをしていると、ストレスホルモンと呼ばれているコルチゾールの働きを促進し、体の中の水分量を多くしてしまう可能性があるようです。

コルチゾールは、筋トレによる身体への負担だけでなく、カロリー制限で身体に負担がかかった場合にも活動しやすくなり、その時には脂肪が増加しやすくなります。

体重の増減と、人体の反応をある程度把握することで、自分がしていることで、ダイエット効果をどの程度得られるのか知ることができます。

いくらせっせと運動をしていても、その分たくさん食べるようになったら、ダイエットという目的を果たすことはできないでしょう。

高カロリー食を続けていると、体重は増えるばかりです。手軽にカロリー制限をするには、ダイエット食品や、低カロリーの食べ物が重宝します。

栄養の偏りがないように配慮しながら、体が必要としている分は確保できるくらいのカロリー制限を行うことが、健康維持のコツです。

筋トレをして筋肉を増やすといっても、筋肉の材料になるものを食事などで補給しなければ筋肉増強はできませんので、食事での栄養摂取はとても大事です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!