美白を手に入れるには紫外線対策と化粧品選びが大切

  • 2021年2月6日
  • 2021年2月6日
  • 美容

美白ケアでまず大切なことは紫外線を防ぐことであり、常日頃から化粧品を活用して紫外線対策することが大切です。

しみやくすみができるのは、紫外線を受けた皮膚にメラニン色素ができて、排出されずに皮膚表面に残るためです。

肌を紫外線が守るには、日焼け止めクリームをこまめにつけたり、UVカット加工をされた傘や帽子を使うことです。

紫外線に対する備えは、年間通じて行うようにしましょう。

たとえ夏でなくても、太陽が見えない曇りの日でも、紫外線は地表に届いているためです。

美白化粧品を活用したスキンケアも、シミやくすみ解消に対しては有効です。

シミやくすみの原因になるメラニン色素の生成を抑え、既にあるシミを目立たなくする効果が、美白化粧品にはあるといいます。

美白に効果がある成分として知られているのは、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。

高い美白作用があるとされているハイドロキノンですが、過剰な使用は皮膚にとってよくないので、配合量には要注意です。

しみやくすみの原因になるメラニン色素がふえないようにするには、カモミラET、コウジ酸、トラネキサム酸等が有効です。

美白成分によっては、今できているシミを減らすことは難しいけれど、今後シミになるメラニンが増加しないようにできるという性質を持っています。

美白効果がある化粧品を使っているのに、お肌の状態が変わらないのは、化粧品選びに問題があることがあります。

美白化粧品を選ぶ時には、使われいる美白成分をチェックして、自分の希望に即しているかを判断する必要があります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!