食事制限だけで痩せることはできるのか?リバウンドをしないコツ

食事制限とリバウンドの関係性

リバウンドをしないダイエットでの食事制限はあるでしょうか。

食事制限をしばらく続けると、体は少ないカロリー量でも生きていけるよう体を合わせていきます。

基礎代謝を低下させ、体内のカロリー消費量を減らします。

食事制限を開始してしばらくは体重が順調に減っていきますが、体が食事制限に慣れると停滞期と呼ばれる期間に入ります。

ダイエットをしている最中に停滞期になると、どんなにダイエットを続けても体重は減らず増えやすくすらなります。

この期間は、リバウンドをしやすい時となります。好みの食事をこらえるといった食事制限は、精神的な負荷も大きくなります。

停滞期は、ダイエットが辛い上に体重の減りが鈍るという要素が重なり、継続が難しくなりやすいようです。

本格的なリバウンドの始まりのきっかけとなってしまいます。

今までの食事制限で体は少ないカロリーでも対応できるように代謝による消費を少なくしています。

食事制限を中止してこれまでの食事量に戻すと、余剰カロリーが多すぎるのです。

リバウンドが発生するのは、今までは全て消費できていた量ができなくなるため、余った分が脂肪になってしまうためです。

リバウンドをすると、一時的に減った体重が元通りに増えてしまいます。

リバウンドを未然に防ぐためには、食事制限中でも基礎代謝量を落とさないことです。

リバウンドのないダイエットをするためには、食事制限だけで体重を減らすのではなく、筋トレなど基礎代謝の向上に努めましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!