標準の体重と自分の理想

大抵の人は、身長から計算で導き出すことができる標準体重をに対し、自分の体重が多いか少ないか調べたことがあるようです。

標準体重と自分の体重はどのくらいの違いがあるか、差は大きいか小さいか、知りたいところです。

健康な体型を保つための指針の一つとして標準体重があるわけですが、標準体重とはどういった認識をするといいのでしょうか。

自分の体重が標準体重の範囲内におさまっていればいいですが、大幅にずれていたら、ダイエットをしたほうがいいでしょう。

人間の体型は、標準体重に近い体重になることで整うのかといえば、そういうわけではないことに注意をしましょう。

体重だけで、理想的な体型を知ることはできません。

体重は一緒でも、体脂肪率や、筋肉量が違えば、プロポーションは異なります。

体重だけでプロポーションが決まるわけではないのですが、日本人は、女性の美しさを体重の少なさで判断しようとします。

痩せ型の体型を追求しすぎて、栄養失調に陥ったり、ホルモンバランスが崩れる女性が多いことが問題視されていますが、社会的に痩せている女性をきれいだと見なす風潮があります。

病的な美しさを得るよりも、健康的な美しさを目指すほうが、健康と美容の両立にはいい結果をもたらしますので、まずは健康状態を維持することを重視していきましょう。

大まかに、標準体重から誤差10㎏以内という人であれば、外見的にも、健康維持の面でも、問題はないといえるでしょう。

1㎏痩せるというと簡単そうに聞こえますが、買い物に行って1㎏の肉を目の当たりにすると、かなりの多さに感じます。

標準体重になることに固執しすぎずに、どのくらいの体重が自分にとって体調のいい状態なのかは、余裕を持って考えてみてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!