しみ取りなら化粧品や医療レーザーがおすすめ

  • 2020年12月27日
  • 2021年1月20日
  • エステ

しみ取りの医療レーザーはとても手軽にできる

皮膚のしみをなくしたい時は、美白化粧品を使うか、医療レーザーを使うかという選択肢があります。

普段からしっかりと紫外線ケアをして、しみができないように注意していたのに、しみができてしまったという人もいるでしょう。

しみができるのは紫外線が肌を老化させるためですが、それ以外にも、肌が老化してメラニン色素が多くなり、しみとなっているケースもあるものです。

一度、肌にしみができ始めると、次々に出てくるようになるので、早めの対策が必要です。顔にしみがあると、格段に老いて見えます。

多少ならメイクで隠せますが、濃いしみを隠すためにファンデーションを厚塗りするのは不自然ですし、限界もあります。

しみができた肌を白くしたい場合、初期のしみくらいなら、ハイドロキノンのクリームなどを使うといいでしょう。

皮膚科で診察を受け、しみ取りのためのハイドロキノンやトレチノインを使いたいと、医者に相談しましょう。

化粧品には美白成分が使われているものが多くありますので、肌を白くしたいという人は使ってみるといいでしょう。

人によっては、美白成分が期待したほどの効果をもたらさないことがあります。

そういう時は、美容クリニックの施術がおすすめです。医療レーザーは強いレーザーの熱によって色素沈着した角質層を焼いてしまうという治療法です。

メラニン色素があった角質部分はかさぶたになり、1週間程度で本来の皮膚が現れてきます。

お肌にできたしみが、家庭でのケアでは対応しきれないほど濃かったり、範囲が広い時には、医療レーザーの出番になります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!