コレステロール値を上げにくい食生活

血中コレステロール値が上昇している要因が、日々の食事にあるという方がいまする健康を維持するためには、血中のコレステロール値を上げにくい食生活をすることが不可欠だといえます。

どういった点に配慮することで、コレステロールを上げないようにできるでしょう。

コレステロール量の多い食事は、血液中のコレステロールを増やすイメージがあるかもしれませんが、そういうわけではありません。

血液の中に存在しているコレステロールの九割は肝臓でつくられものであり、残り一割が、食事に含まれていたコレステロールだと言われています。

体内でコレステロールを作るために必要な栄養素が含まれている食事を多くとっていると、結果的に血中のコレステロールが多くなると考えられており、食材に含まれるコレステロールはまた別個に考えられます。

肝臓が作るコレステロール量は、食事の献立によって左右されます。

心がけるべきは、脂肪量となります。

同じ脂肪でも、飽和脂肪をたくさん摂取するとコレステロールを合成する機能が高まります。

不飽和脂肪を摂ると、合成は減少します。

ポテトチップス、チョコ、バター、チーズ、肉の白身部分には、飽和脂肪酸がたくさん存在するとされています。

魚、貝類、ごま油、大豆からつくられた加工品などから不飽和脂肪酸が得られます。

不飽和脂肪酸を多く含む食品を食べ、飽和脂肪酸を多く含む食品を食べないようにすることで、コレステロールの血中濃度を減らすことができます。

コレステロール量が体内でふえないように、コレステロールを下げるような食品を食べるていくといいでしょう。

コレステロールのことを考えながら、食べるものや、食べる順番を考えることで、体の調子を改善することが可能になります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!