紫外線の肌への影響から守る方法

  • 2020年12月27日
  • 2021年1月20日
  • 美容

日焼け止めクリームの重要性

紫外線の肌への影響から守るためには、陽射しの下で活動する時は日焼け止めクリームや化粧品を上手に使うことだといいます。

今では、赤ちゃんが使える日焼け止めクリームもあります。デリケートなお肌の人でも対応可能な低刺激の日焼け止めクリームも開発されています。

紫外線対策商品にはSPFという数字が書かれていますが、これは紫外線をカットする持続時間を表示しています。

SPFが10と35の日焼け止めクリームが販売されていた場合、SPF35の日焼け止めを購入した方が、肌につけた効果は長く続くといいます。

夏の日中、紫外線を体に受ける時間が長くなりがちだという人は、SPFの大きい日焼け止めを積極的に使うといいでしよう。

ただし、紫外線を防ぐ機能が強い日焼け止めクリームは肌への刺激が強くならざるをえないので、気をつけなければいけません。

紫外線が強くない時に、SPFの強い日焼け止めクリームを使っては肌に負担になるばかりです。

紫外線を防ぐ強い効果がある日焼け止めは、繊細な肌の人や赤ちゃんにとっては、肌に良くない影響が出てしまう場合があります。

SPFのほかにPAと書いてある日焼け止め商品もあります。

SPFが大きい日焼け止めクリームは、日焼けで肌が赤くならないようにするものです。

肌が日焼けによって黒くなるという人は、PAを参考に紫外線対策を行って肌をガードしてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!