腸もみダイエットの実践方法

腸もみダイエットで免疫力アップ

ダイエットで実際に腸もみダイエットに挑戦するに当たって、へその周囲をぐいぐい刺激するだけでは意味がありません。

入浴後か就寝前に、お腹の周囲をぐるっと4周もみほぐすようにすると、腸もみダイエット効果があります。

腸もみダイエットの前に、腸の働きをアップする動作をすると効果倍増するそうです。

小指のサイドで、足の根本からへそ方向に体の中身を押し上げる引き上げるイメージで10回押してください。

腸もみダイエットにおいて押し上げるポイントは、おへそを中心に指3本分の半径の円周上にある6点です。

へそを中心に固さを感じるところを柔らかくするよう意識しながら揉んでください。

イスに座った姿勢でもできるところが、腸もみダイエットのいいところです。

仰向けになって膝を立て、腰の真下にクッション等を敷いてお腹を傾斜させ、リラックスして行うのがベストです。

適切な腸もみダイエットをするには、もみほぐしたいところをまるく回すように手を屈めて押していくといい具合になるようです。

しばらく揉み続けていると体が温かくなって、体温が高くなっていることがわかります。

体温が上がると基礎代謝が高まって免疫力が上昇するので、健康維持にも効果的なダイエットです。

腸もみダイエットで免疫力向上が期待できるのは、おなかの周囲にたくさん存在しているリンパの働きが刺激で活性化するためです。

腸もみダイエットを続ければ、体温が上がることで免疫力が高くなり、風邪知らずの毎日を過ごすことができるようになります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!