停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには

ダイエットがうまくいくかどうかは、停滞期をいかにくぐり抜けるかにかかっているといえます。

ダイエットを途中で諦めるのか、目標の達成まで続けるのかは、停滞期にどのように立ち向かうかと関係します。

ダイエット中に停滞期になったら、毎日の献立に一層の注意が必要です。

ダイエットをスタートさせた直後は体重は序々に減っていくわけですが、しばらくすると、今までと同じことをしていても、減量は進まなくなります。

停滞期になるのは、いきなりの体重減少に警戒した体が、一時的に対抗策をとるためです。

もともと、人の体は、いきなりカロリー摂取量が減った場合は危機的状況にあると解釈し、一時的にカロリー消費量を減らし、脂肪を体に蓄積しようとします。

本人の意思とは無関係に発生するこの仕組みが、ダイエット時には起きるため、停滞期という現象があらわれるのです。

体重が減っていくことを張り合いにして、食事制限や運動を頑張っていたのに、停滞期になると体重が減らなくなります。

ダイエットを成功させるためには、停滞期をくぐり抜けることは、必要不可欠になります。

もしも停滞期になったら、適量の食事を、まんべんなく栄養がとれるようにして食べることです。

なかなか体重が減らないからと、絶食に近いような食事の減らし方をしたり、運動量を増やすことはよくありません。

規則正しい食生活と、栄養の偏りがない献立にして、ダイエットを継続することで、いずれ体重の減少は再開されるといいます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!