女性は体重を気にするよりも全体のバランスに注目すべき

体重と体脂肪のバランスを大切に

女性はどうしても自分の体重を気にする傾向が強いようです。

きれいになるためには体重を減らすことが最善の手段だと考えて、ダイエットを実行する人もいます。

女性の美しさは、体重よりも、プロポーションや体の組成がポイントになります。

脂肪のつき方や、筋肉のつき方でも見た目の印象は変化しますので、体重が少なければOKという話ではありません。

細身に見えて体重が多い人、体重の割合に体脂肪が多い人など、人間の身体は個々人で特徴が異なっています。

それが隠れ肥満となっていることもあるのです。

もし自分が痩せて見えるからと言って油断をしていると、実際には体脂肪率が高くて肥満であるということに驚く女性もいると思います。

女性の体重が増えると、余剰のぜい肉は皮下脂肪になって太もも、お尻、お腹の辺りに貯め込まれることがあります。

人間の体は加齢と共に基礎代謝が下がり、一日にエネルギーを使い切れなくなって、余りは脂肪になります。

体脂肪も計測が可能な体重計が最近は販売されていますので、体重と共に体脂肪率も測っておいて、身体にとって多すぎないかどうかを調べます。

体重や、体脂肪はダイエットの進捗を知るだけでなく、体にとって良くない影響がないかを確認する指標になります。

まずは体重にこだわらず体脂肪の変化をしっかり把握しながら、毎日の食生活や有酸素運動量を決めて、ずっと継続していくことが大切です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!