骨盤ダイエットは骨盤周囲の筋肉を鍛えることが重要

ダイエットを行う時には、全身の重心が集まる部位ともいえる骨盤の状態がとても大事になっています。

長時間のデスクワーク等によって姿勢が悪い状態を続けていると、骨盤に歪みがちとなってしまいます。

効果的なダイエットを実践するためには、骨盤のズレや歪みを元通りにすることです。

骨盤の状態に配慮してダイエットを実践することで、体重を落としやすくなると言われています。

多くの人は、骨盤ダイエットの主目的は骨盤矯正にあると思う傾向があります。

矯正も大事ですが、骨盤を支える筋肉を増強することが、骨盤ダイエットでは重視されています。

骨盤の周囲にある筋肉は、正しくない姿勢で長時間すると圧迫されやすくなり、筋肉同士がくっついて、筋力が弱くなるものです。

筋肉が衰えてくると、脂肪の増加につながるので、ダイエットに悪影響を与えてしまいます。

骨盤まわりの筋肉が減ると、歪んだ骨盤を元通りにする力が作用しなくなりますので、臓器の位置や血液の巡り方によっては代謝の低い体になります。

ダイエットのために骨盤を矯正する場合、意識すべきことは骨盤底筋群を鍛えて強化し、腸や子宮を安定的に保持するということです。

インナーマッスルである骨盤底筋群が強くなれば、臓器の位置も安定し、骨盤のズレも正しい状態になって、骨盤近くの太い血管の流れが良くなることで、代謝のいい身体になります。

筋トレやエクササイズで骨盤底筋群を強化することは、骨盤ダイエットの効率を高めたいという人にはおすすめしたい方法です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!