ウエストのくびれを作るためにはひねる動作を意識することがポイント

  • 2021年2月5日
  • 2021年2月5日
  • 美容

体重を減らさなければ、ウエストのくびれはできないと考えている人は多いようです。

ですが、体重を減らさずともウエストのくびれをつくることは可能です。

ウエストをくびれさせるためには、腹斜筋という部位を鍛えることがポイントです。

腹筋運動の場合、お腹前面の腹直筋が主に鍛えられるので、どんなに頑張ってもウエストがくびれることは難しいです。

腹斜筋は左右にあり、身体を斜めに横切っているので、ウエストをひねる動作で伸び縮みしています。

ウエストくびれを体感できるようにするには、毎日続けて実践することです。

運動をする時間を決め、実行する習慣をつけることも重要ですが、日々の生活の中でも筋肉の強化は可能です。

ウエストくびれをつくるために、普段の動作の中でウエストをひねる機会を増やしましょう。

ウォーキングは全身運動になるので、歩くときに腰をひねることを意識すると、ウエストのくびれつくりにつながります。

無理に腰をひねると不自然になってしまいますが、腕を後ろに引くと自然と腰が前に出て腰をひねることができます。

プロポーションを整えるにはウエストがくびれた状態であることが好ましく、きれいになれます。

腹筋運動は効率が今一つですので、上半身のひねりによる腹斜筋の効率的な筋トレで、ウエストくびれを実現させましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!