日焼けした後の対策方法

  • 2020年12月27日
  • 2021年1月20日
  • 美容

太陽から完全に遮断された生活をしない限り、対策をしても日焼けはします。

日焼けによって紫外線の影響を受けてしまった肌をどのようにケアすればいいか知っておきましょう。

紫外線によって肌が赤くなることがありますが、それは火傷を負った時に近いものです。

皮膚科で見てもらうような赤みでない場合でも、日焼けの肌をしっかりいたわってあげてください。

肌がヒリヒリする場合は、まず落ち着くまで十分に冷やしてください。

落ち着いたら刺激のマイルドなスキンケア用品で優しく水分を補い、保湿力を取り戻していきます。

化粧水をいつものより多めに使い、肌の状態を改善してから、美容液や乳液で栄養分を補えば肌の回復も早くなります。

美容液などをコットンにたっぷり含ませ、日焼けした部分に10分くらいパックをするとより効果的です。

足りないと思うときは、保湿クリームをさらに塗ります。

日焼けの症状が一段落し、新しい皮膚が作られてくると古い角質層が3~4日かけて少しずつ剥かれていきます。

気になって無理に剥がしたくなるかもしれませんが、無理に剥くと肌に負担をかけてしまい赤くムラになる原因となります。

自然にむけるのを待ちましょう。

肌を焼き過ぎる状態がたびたび続くと、皮膚を修正するリズムが崩れてしまいます。

結果、細胞の異常繁殖が発生する危険がありますので注意が必要です。あまり日焼けをしすぎると、肌には悪影響となります。

美しい肌を保つためには、紫外線を浴びないための対策と、日焼けした後の対策を怠らないことが大切です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!