下半身ダイエットと骨盤のゆがみ

下半身が太く見える理由に、骨盤の歪みがあります。下半身ダイエットは、この歪みを矯正するというものです。

ダイエットの効果が出やすい体質になるためには、骨盤の歪みを直すことで、内臓をあるべき場所におさめることです。

歪みやずれのない骨盤にすることと、適切な運動をすることが、下半身をシェイプアップさせるためには必要です。

自分の骨盤のずれ具合を調べたいという時は、何をするといいでしょう。

その場にまっすぐ立ち、目をつむり、50回の足踏みをします。

足をなるべく高く上げて、両手を大きく振りながら行いましょう。

もしも骨盤に歪みがある場合は、足踏みをし終わった時点で、足の向いている方向が、最初の状態とは異なっています。

下半身を引き締めたい時には、まず骨盤の歪みを適正な状態にすることが大事になります。

家でできる運動で、骨盤の歪みにいいものがあります。

エクササイズ名は、四股立ちといいます。まっすぐ立ってから、腰を真下に下ろします。

膝は開き気味に、両手はひざの上です。下半身の状態が整ったならば、右なら右、左なら左の肩を斜め前に向けます。

股関節が安定していれば、肩を前に出しても姿勢を維持できます。

肩を右、左と順序よく倒します。前かがみになってしまうのであれば、歪みやすい体であるといえます。

四股立ちは家庭でも簡単にできるエクササイズですので、骨盤の歪みを正し、下半身の効果的なダイエットに活かしてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!