ダイエットしてもリバウンドしない方法とは

ダイエット後のリバウンドの原因には、レプチンの量と満腹感もあります。

ダイエットをすると、満腹感が感じづらくなると言われています。

レプチンとは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。

ダイエットをして食事量を減らすと、レプチンの分泌量も減ってしまうため、満腹になる感覚が薄くなり、つい食べてしまったりという事がおきます。

その為、リバウンドしやすくなってしまうのです。ダイエットとは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

ホメオスタシスのスイッチが入っている時に、摂取カロリーをもとにもどせば、摂取カロリー過剰となります。

体内に十分なレプチンがつくられていない正体では、カロリー過多になるまでたくさん食べてしまいます。

このように、カロリーが過剰になる分、消費カロリーを増やさないと、リバウンドしてしまうのです。

停滞期に入っても最低1ヶ月はダイエットを継続すると、リバウンドを避けられる事ができます。

そして、早くこの停滞期から脱出する為には、運動が有効です。

運動をすると筋肉量が増え、基礎代謝もアップするので、リバウンドもしにくくなりますから、ダイエットには運動も積極的に取り入れましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!