通販とダイエットの歴史

今でこそネットやテレビでの通販が盛んですが、ダイエット通販はカタログが元々の方法でした。

19世紀のアメリカで地方の農民達を対象としたカタログ販売が通販の起源となっているそうです。

今のようなカタログ通販の大本は、1800年代の終わり頃にシアーズなどのカタログ会社が大々的に始めた流通の形が伝わって現在に至っているようです。

日本では1876年のアメリカ産トウモロコシの種の通販が始まりとされています。

日本で通販が広く普及したのは70年代のTVショッピング、ラジオショッピングの開始です。

配達システムが整ったこと、インターネットの利用者が増えたことから、その後も通販はどんどん広まっています。

一方、ダイエットはどのような形で広まったのでしょうか。

始まりは18世紀末のアメリカで、中流の人たちにも十分な食事が行き渡った頃からのようです。

高カロリー食による肥満体型が増えたことから、アメリカではダイエットが流行として広まりました。

ダイエット方法、ダイエット器具を扱うビジネスが始まり、1860年代に肥満に対する批判が起こります。

第一次大戦の間は、消費行動そのものをよからぬ行動と捉える方向性が定まり、1890年代では既に肥満を褒められたものではない存在として捉えていたようです。

肥満体型になることで他人から蔑まれることを恐れ、ダイエットをする人も少なくないようです。

アメリカは日本と違って国民皆保険制度がないので、医者にかかる前に病気を治したい傾向があります。

ダイエットや体力アップをサプリメントなどを活用することで達成し、通販で医者いらずの生活を目指しています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!