体重が増える食事と増えない食事

毎日の食事内容が、体重の増える食事になっているような人は大勢います。

食べる量が多い人は太りやすいと言えますが、食事量だけでなく食事の栄養バランスが悪い人も体重が増えやすい傾向にあります。

どれだけ食べたかも大切ですが、体重をコントロールするには、どのような食品を食べたかも気をつけるようにしなければなりません。

生きていく上で、欠かせない栄養素といえば、炭水化物、脂質、たんぱく質の3種類です。

脂質と、炭水化物は、生命を維持し、体を動かすために必要なエネルギーを供給してくれる栄養成分です。

1日に使い切れなかった炭水化物や脂質のカロリーは、体脂肪となって体の中に蓄積されることになってしまいます。

体重管理のために必要なことは、1日で使うカロリーと、1日で摂取するカロリーのバランスをとることです。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多くて、カロリーが余るとそれが体脂肪となり、結果として体重が増える原因となります。

たんぱく質は筋肉に変わる働きを持っていますが、筋肉量は体重の増減に大きく関っているので、毎日の食事で気を配りたい栄養です。

全身にバランスよく筋肉がつけば、基礎代謝の高い体になって脂肪燃焼が促進されます。

ただし、筋肉は脂肪より重たいため、筋肉がついたことで体重が増えることがあります。

脂肪があまり減っていない状態で、筋肉が多くなると、差し引きで体重が増加するということもありますので、十分に注意をしてください。

たんぱく質を摂取した上で筋トレをして、筋肉を増やすことは、基礎代謝を向上させ、体脂肪を燃焼させる上では有益です。

体重を減らしたい場合は、さらに、脂質や炭水化物の摂取量を制限する必要があります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!