美白のための洗顔

  • 2021年2月16日
  • 2021年1月20日
  • 美容

どんなことをすれば白くなめらかな美白ケアができるか知りたいという女性は多いようですが、以外と重要なのが洗顔です。

しみ一つない白くなめらかな肌になりたい人は多いようです。

適切な洗顔をしているかを振り返ることは、白い肌になれるというメイク用品を購入するより意味があります。

洗顔は肌になるべく負担がかからないように汚れを洗い流すもので美白効果を高める基礎となるものです。

顔を覆う肌は非常に薄く繊細なので、注意深く洗顔をしなければ肌荒れの原因になります。

顔を洗う前に、手の平で泡を作ります。弾力のあるたっぷりとした泡をつくり、その泡を使って顔を洗うのが正しい洗顔の方法です。

満足のいく量の泡ができたら、顔をその泡で包み込んでいきます。

粟立たない場合は、泡立てネットが重宝します。

顔を洗う時は、ちょっとぬるめの湯を用います。

冷たい水は汚れが落ちづらいですし、熱い湯は顔に本来必要な油脂まで一緒に流れでてしまいます。

湯温は38度くらいにすると、洗顔に向いていると言われています。

洗顔が終わったらしっかりと水分を拭き取るのですが、タオルもポイントです。

洗いたてのふわふわのタオルで優しく水分を拭き取りましょう。

タオルで顔をつよくこすると、肌を傷めてしまいます。

タオルはあくまで顔に乗せるようにして使ってください。

しみやくすみのない美白を目指して、洗顔から取り組んではどうでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!