肥満を改善する運動

肥満体質を改善させる運動の仕方

体質改善で肥満を解消できれば、糖尿病や高血圧などの、生活習慣病リスクを軽減することができます。

日々の食べ物を買えることで肥満改善ができるという印象がありますが、食事制限だけでは根本的な解決にはなりません。

肥満とは、食事などで摂取したカロリーが、生命維持や活動で消費されるカロリーよりも多いため、余剰ぶんが体脂肪になるものです。

体脂肪を減らすためには、食事だけでは十分ではありません。

食事の改善と、適度な運動を継続することで、肥満体質の改善を目指すことです。

運動不足で、体をほとんど動かさない生活をしているという人が、肥満の人には多いといいます。

自転車や水泳、ウォーキングなどはどうでしょうか。

有酸素運動をする習慣づけをすることで、体脂肪を減らしていくことが可能です。

肥満がちの人がジョギングのような運動をすると、膝や腰の関節に体の重みによる負荷がかかります。

水中でウォーキングをすると、関節への負荷を軽減できます。

短くても20分以上体を動かすことで、脂肪が燃焼を開始します。

1週間に3~6回程度、ウォーキングをする場合は40分~60分くらいの運動がおすすめです。

疲労を蓄積させないために、心も体もリラックスした状態で行います。

よりダイエット効果をアップさせるには、筋肉トレーニングなどをして筋肉量の多い体になり、基礎代謝を上げることです。

適度な運動と、健康にいい適量の食事で肥満を改善し、健康な体をつくるようにしましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!