断食ダイエットのデメリット

断食ダイエットをする上で気をつけたいことがあります。

断食ダイエットは、注意深く実践しないとあっという間にリバウンドしてしまうといいます。

断食に取り組むと必要なカロリーが身体に供給されませんので、身体は飢餓状態と呼ばれる症状を呈します。

できるだけエネルギーの無駄遣いをしないようにするのです。

断食によってカロリー摂取を制限することで体重は減りますが、それと同時に体は基礎代謝を落としてエネルギーを使用しない体を作っています。

断食ダイエットを何日か行って飢餓状態になった後、カロリーのある食事をすると、体は貴重なカロリー分を使わず貯め込んでおこうとするわけです。

体重も元に戻りやすい状態になってしまいます。

断食ダイエットは、体重の減りも早いかわりに戻るのも早いという状況になってしまうのです。

断食ダイエットの欠点に体への負担が大きいという点があります。

十分な知識無く取り組むと、肌荒れや抜け毛、女性は生理不順などの悪影響の可能性があります。

断食ダイエットは短期間にしろ、固形物を取らないわけでどうしても栄養が少なくなる、体の中に栄養が回らない所も出てきます。

確かに、短期間の断食ダイエットの場合は生死には関係ありませんが、体の中には少なからずダメージを受けることを覚えておく必要があります。

断食を実行する前に、起こりえることや調べておくべきことなど、きちんと準備を整えることが大事です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!