ダイエットメニューとホメオスタシスについて

ダイエットのためにと、食事メニューから脂質を抜いたり、カロリーを極端に少なくする人もいますが、脂質ゼロの食事は逆に体にはよくありません。

体調を崩してしまっては、ダイエットの妨げにもなるので注意が必要です。

極端に栄養の偏った食事メニューは、一時的に体重が減ったとしても、健康を害する恐れがあります。

食事のメニューづくりを間違えたために、ダイエットに挫折してしまう人もいます。

食事は、ただ量を少なくすればいいというものではありません。

ダイエットのために単品での食事に置き換えるという方法も、成功させることは難しいといいます。

栄養の偏り具合を考えず、場当たり的に食事の量を減らしていると、リバウンドしやすくなります。

ダイエットをする前よりも、結果として、体重が多くなってしまったという話も珍しくありません。

ダイエットメニューに切り替えた結果、カロリーが少なくなりすぎたり、たんぱく質や脂質がほとんどない食事にしていると、病気になったり、体調を崩してしまうことがあります。

人間の体は、極端に食事の摂取量を減らしすぎていると、体の状態を一定に保つためにホメオスタシスという作用が働くため、体重が減りにくくなってしまいます。

ホメオスタシスは、体の生存能力のひとつで、遭難した時など食べることが出来なくなった場合に起こる現象です。

カロリー摂取量が減っても、生き抜くことができるようにと、人は代謝を下げて対抗しようとします。

少量のカロリーを有効に使うために、できるだけ代謝が発生しないように順応するのです。

ホメオスタシスが作用したために、カロリー摂取量は控えたのに、体重を減らすことができないということになりかねません。

ホメオスタシスが働いているうちは、ダイエットが思うように進まないだけでなく、リバウンドが発生しやすくなります。

ダイエットをしている時の食事メニューを考案する場合、ホメオスタシスが機能しすぎないようにすることが重要になっています。

体に必要なビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質をきちんと補給できるようなダイエットメニューにすることがポイントです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!