皮膚科で行われるにきびの治療法

にきびの治療をしたい場合は、ドラッグストアなどに売り出されている、にきび治療用のクリーム、薬を使ってみてください。

もしも、家庭でできるケアで症状がよくならないという人は、病院を受診するという方法があります。

にきびは皮膚表面の汚れや皮脂による毛穴の詰まりが原因となって炎症を生じる皮膚疾患であり、症状によっては医師による治療が必要になります。

若いうちはにきびになりやすいが、大人になる自然と減っていくと考えている人もいますが、成人してからもにきびはできます。

皮膚科で行われるにきび治療でスタンダードなものは、抗生物質を処方してもらうというものです。

抗生物質以外では、ビタミン剤を飲んだり、ホルモン療法を行うことでにきびの治療を行っていきます。

近年では、皮膚科が行うにきびの治療では、にきびそのものを除去するような治療はしないようになっています。

にきびができるとすぐに症状が悪くなるという人や、繰り返し顔の広い範囲ににきびができる人では、症状としては別物です。

ケミカルピーリングなどのにきびに対して物理的に作用する毛穴治療が行われることもあります。

にきび治療には、程度のひどいにきびに対して、抗生物質や、ステロイド剤の注射という形で、アプローチをすることもあるようです。

自宅でのケアでにきびが改善しないという時には、皮膚科を利用するのもいい方法です。

不規則な生活や、体によくない食事を続けているとにきびの症状が悪化しますので、にきびを治療してからも、生活の見直しやスキンケアが大事です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!