しわを改善する化粧品の選び方とは

  • 2021年3月25日
  • 2021年3月28日
  • 美容

しわ対策に効果があるという化粧品は種類もないようも非常に豊富なため、どんな基準で決めるべきか難しいものです。

しわを目立たなくするために化粧品を選択したい時でも、前提として化粧品を選ぶ時に心がけるべきことは、まず押さえておくということが大事です。

自分の肌質はどのようなもので、しわがある場所や状態を、よく理解することが重要です。

奥深くまでしわができている時と、皮膚の表面にちょっとだけしわがある時とでは、同じくしわという言葉を使っていても扱いが違います。

目の周囲や、口もとに浅くしわができている時は、皮膚の水分不足が関わっているといいます。

お肌を引っぱった時に、しわの痕跡がまるでわからなくなれば、それは浅いしわであるといえます。

ヒアルロン酸や、セラミドなど、肌の保湿力を向上させる成分が入っている化粧品は、浅いしわに対して効果があるといいます。

皮膚を乾燥から守るには、保湿化粧品を使うほかにも、加湿器を使って室内を乾いた状態に置かないこともポイントです。

お肌を引っぱってもしわの痕が残るなら、深い層までしわができている可能性があります。

真皮層にまでしわがある場合は、肌の弾力がなくなっていて、たるんでいることが原因だといいます。

化粧品を選ぶ時の基準とは、お肌のハリを取り戻してくれるような成分が入っているかどうかです。

レチノールやナイアシン、ビタミンC誘導対を含む化粧品が代表的です。

まずは自分のしわを見て、お肌の状態を知った上で、適切な化粧品を見つけることが大事です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!