小児肥満の原因と対策

最近子どもの肥満が増加しているようですが原因と対策はどんなものなのでしょうか。

子どもの肥満の原因の多くは食べ過ぎです。

まだ小さいうちからファストフードばかり食べていたり、高脂質の食事や、甘いものを食べていては、肥満になってしまいます。

離乳食の段階からまず果汁の与えすぎに注意しましょう。なるべく薄味で天然だしを利用し、食事は和食を中心に一汁三菜が基本です。

肥満の原因にる食べ物には、カレーや丼もののような一品で済む食事や、ファストフードなど子供が喜ぶ食事がありますので、注意してください。

間食をしないこと、甘い飲み物を飲まないことなどもポイントです。

屋外で、活動的な遊び方をしている子供が近年では減少しています。

テレビや携帯型ゲームで遊ぶ時間は、あまり長くとりすぎないようにします。

運動不足が原因で肥満になる子どもが増加しています。毎日運動をすることで肥満を防ぐことができるでしょう。

近年では、テレビCMで子供を引きつけるような食品などもあります。

テレビの時間を減らして外で思いっきり遊ぶようにすれば肥満の原因となる運動不足も解消でき、食品の誘惑も避けられて一石二鳥です。肥満の原因には、食習慣などの時間管理が不規則なこともあります。

子供の肥満を減らすには、早寝早起き朝ご飯を生活の軸として、食事時間や睡眠時間を確保し、トイレもしっかり済ませるようにすることです。

子供の肥満の原因に、大人が関わっていることも少なくありません。

生活リズムと食事の見直しから手をつけることで、子供の肥満対策になります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!