にきびには薬を使わずに洗顔をおすすめします

  • 2020年12月27日
  • 2021年1月20日
  • 美容

にきびには洗顔が効果あり

にきびを気にしている人は多いですが、にきびには洗顔が効果的です。

にきびを解消するには、適切な洗顔がどれほど効果があるでしょう。

せっせと洗顔をしているのに、一向ににきびが治らないという人もいます。

お肌にとって一番良い状態は弱酸性になっているときです。

どうやって肌を弱酸性に維持するかといえば、肌の常在菌の効果だといいます。

細菌にも様々な種類があり、お肌にも肌にいい善玉菌と、肌に悪い悪玉菌とがあると言われています。

表皮ブドウ菌というお肌の細菌は善玉菌に分類されますが、顔の洗いすぎで流失してしまう場合があります。

短時間で繰り返し洗顔をしていると善玉菌が流れていき、悪玉菌ばかりになります。

そうなると肌はアルカリ生に傾き、より乾燥しやすくなってしまいます。

肌が乾燥したからといつてにきびができなくなるわけではなくので、にきび対策は洗顔回数だけが問題でありません。

にきびを治したいからといって1日に何回も洗顔をするのはかえって逆効果なのです。洗顔は1日に2、3回程度にしておきましょう。

肌に負担をかけすぎないことが大事です。優しい泡をたっぷりとたて、洗顔後は入念に水ですすぐことが大事です。

洗顔をまめにすることでにきび予防にも効果があります。洗いすぎの人にはにきびを改善し肌を甦らせるために洗顔回数を少なくするといいでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!