痩せる食品と糖尿病について

低GI食品は、痩せる食品という言い方もされており、糖尿病対策に用いられます。

糖尿病の人が、痩せる食品と言われる低GI食品での食事と密接に関わりがあるのはなぜでしょう。

食事後に上がった血糖値が下がらず、血糖値が高い状態から抜け出せないのが、糖尿病の症状との特徴だといいます。

糖を含む食事をすることで、血糖値は高くなります。

血液中に含まれた糖は、インシュリンの働きによってグリコーゲンになり、エネルギーとして使われるため、血糖値は元に戻るという仕組みです。

この血糖値が高いままでいると、高血圧の原因になったり、血液がどろどろになってしまいます。

脳梗塞や、心筋梗塞など、命に関わる症状が、起きてしまうこともあるといいます。

なかなか痩せることができない体になったり、感染症への耐性が低下したりします。

糖尿病の予防が重要視されているのは、生命を脅かす病気に直結することがあるためです。

糖尿病の改善に取り組む人にとっては、低GI食品の活用はとても重要なポイントになります。

食事後の血糖値が急激に上昇しないように、糖尿病の食事療法では、低GI食品を重視した献立を作成し、血糖値の上がり方をコントロールしようとします。

肥満体型は、糖尿病になりやすいことが、昔から言われていることです。

太っていれば糖尿病になるという短絡的な話ではないものの、肥満と糖尿病の間にはある程度の相関関係は存在するようです。

食事を見直し、低GI食品の多い痩せる食習慣にすることで、ダイエットだけでなく糖尿病予防も可能です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!