石原軍団メンバーの歴代俳優さんが2分で分かる私の記憶からたどるアバウトストーリー

石原軍団ありがとう!

昔々、石原軍団こと石原プロモーションは映画制作会社として会社を始めました。

最初は映画だけに力を入れたのですがお金がなく借金が膨らみ周囲の勧めがありテレビ主演を始めました。

そこでテレビドラマ「太陽にほえろ」を作りましたこれがとても好評ですごい視聴率と人気を博しました。

その後は映画からテレビドラマへとシフトしていきます。

自分の会社で作ったドラマ西部警察はすごい人気を集めてそのおかげで負債を全部返済。

そして約30億円に登る資産を築き会社の再建に成功しました。

その当時社長の石原裕次郎を慕っていた渡哲也と色々の俳優が所属することなり裕次郎が亡き後には渡哲也が社長に昇格して神田正輝と舘ひろしを取締役に就任させ専務取締役には小林正彦をが務めていました。

石原軍団で 有名なのは石原裕次郎の最後の言葉で「俺が死んだら即会社をたたみなさい」ということだったらしいです。

まさかここまで長く会社が存続することは裕次郎は考えてはいなかったでしょう。

思い出すのは石原プロといえば餅つきですよね!それに炊き出し!すごい有名ですよね。

テレビ見るために自分も食べに行きたいなとは思ってたんですけどなかなか行く機会がなく、凄い人が集まっているのでなかなかいけないですよね。

そんなこんなで今に至りますけれども慈善活動をしている石原軍団から自分達はテレビから勇気をもらいました。

解散するんですね。長い間お疲れ様でした。この石原軍団の伝説は私たち40代のこころに今も鮮明に残っています。

本当にお疲れ様でした。 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!