減量中の食事と体重

減量というとイメージするのは食事を少なくして体重を減らす方法でしょうか。減量中は、食事に気をつけることは、基本中の基本と言えます。食事の見直しで大事なことは、油ものや糖分を含む食材を一切断つのではなく、必要な分を必要な量だけきちんと食べることでしょう。ダイエット中の食事では、油も甘いものも何も口にしたいという方もいますが、極端な制限食は健康維持に欠かせない栄養成分の不足を招いてしまいます。極端な食事制限による減量をすると、体に最低限必要な栄養を摂取できなくなり、反対に太りやすくなる傾向にあります。ダイエットにためにと朝食を抜く人もいるようですが、ダイエット時の食事は1日3回食べましょう。朝食を抜くと、午前中に足りなくなったカロリーを、昼に一気に貯め込もうとしてしまいます。1日2食にした場合には、体がエネルギーを溜めやすい状態になってしまう為、太りやすい体質になってしまうのです。食事を減らすと、減らしたその時だけは体重が減るものの、すぐにまた体重が増えてしまうので、意味がありません。食事を抜くダイエットは、期待するほど体重も減らず、体にいいものではありません。効果的に減量をしたいなら、食事量だけでなく基礎代謝を向上させることにも取り組んでください。基礎代謝とは、体が活動するために最低限必要なエネルギーの事で年齢、体重、そして筋肉量によって決まります。基礎代謝は、食事のバランスが悪かったり、食事の量が極端に少ないと下がってしまいます。基礎代謝が低くなると、体はエネルギーを溜めるようになるので、太りやすい体質に変化します。体重を減らすためには、ただ食事の量を減らせばいいというものではありません。栄養面や基礎代謝に留意することで効率的な減量が可能です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!